FC2ブログ

カサブランカ空港&エミレーツ機内 カサブランカ→ドバイ→成田

エキゾチックなモロッコの旅も最終日、空港に向かい、
後は飛行機に乗るだけとなりました

モロッコではいい面も悪い面も含めてとても「異文化」体験をさせて
もらったので、やっと日本に帰れると思うとホッとします


ホテルからカサブランカ駅まではタクシーで行き、駅から空港まで
列車に乗ります。

カサブランカ空港への列車

30分程度の短い間ですが、一応一等車にしました。
一等車の切符を持っていない人が乗っていたようで(椅子に寝そべっていた!)
切符の確認に来た車掌さんが注意していました。
やっぱり一等車は快適です!

空港に到着してまずしたことは、日本からカサブランカに到着した時に
ATMに飲み込まれたキャッシュカードを取り戻すことでした。
すでに取引銀行には連絡してカードを無効にしてもらっていたのですが、
ちゃんと現地の銀行がカードを保管していて、返してくれるのか、
興味があったのです。

空港内の銀行に行くと、キャッシュカードの束(それだけATMに飲み込まれる
というのがすごい!)から見つけてくれ、すぐに返してくれました。
慣れているんですね・・・。

さて、朝早く空港に到着したのですが、飛行機の時間をよく確認してみると
出発は昼過ぎということ。
旦那に任せっぱなしにしていて、私はちゃんと確認していなかったのです。
もう少しホテルでゆっくりできたのに~

仕方なく、カフェで時間を潰します。
カサブランカ空港1

ラマダン中ということで、カフェで注文をしているのは非イスラム教徒で
現地の人たちは、注文もせずに座って休憩しています。
こののんびりした雰囲気は気に入りました!

モロッコディラハムがまだ5千円程度残っていたので、買い物して
使い切ってしまうことにしました。
出国審査後の免税店で使えばいいや~と思って、まずは出国。

いざ、免税店へ行ってみると、表示がすべてドル。
「ディラハムでいくら?」と訊いてみると、
「ディラハムは受け取らない」ということ

いくら出国後だからといって、
自国の通貨が免税店で使えない
なんてことあるの~?!

お店を一つ一つ回ると、ディラハムが使えるというお菓子屋さんを発見!

カサブランカ空港2

こちらはパリに本店を持つお菓子屋で、売っているのはフランスからの輸入物。
モロッコ土産にフランスのお菓子か・・・、と思いましたが(しかも高い!)
ここでしかディラハムが使えないんだから仕方ないわ~、と
約5千円分のチョコレート菓子を買いました

これからモロッコへ行かれる方へ、
ディラハムが手元に残ったら、出国審査前に使い切ってしまいましょう!

行きと同じくエミレーツ航空、ドバイ経由で成田まで飛びます。

カサブランカ→ドバイの昼食
エミレーツ機内食 カサブランカ→ドバイ1

ラマダン中のため、食べている人はあまりいませんでした。

夕食前になるとまずデーツが配られました。
エミレーツ機内食 カサブランカ→ドバイ2

デーツを食べるのがラマダンブレックファスト前の習慣なんですね。
デーツ日中の断食後に糖分を補給するのにぴったり。
私は断食をしていませんが、デーツはもらいました。
モロッコに行って、デーツ、大好きになりました!

夕食チョイス1~クスクス
エミレーツ機内食 カサブランカ→ドバイ3

夕食チョイス2~カレー
エミレーツ機内食 カサブランカ→ドバイ4

ドバイには夜中に着きました。
帰りは空港での待ち時間は1時間ちょっとですみました。

成田まで出発!
ドバイ上空です。
エミレーツ ドバイ上空

ドバイ→成田の軽食
エミレーツ機内食 ドバイ→成田1

深夜便ですが、離陸後、すぐに軽食が出ます。
牛丼です。これ1種類だけです。

朝食チョイス1~魚の照り焼き
エミレーツ機内食 ドバイ→成田2

朝食チョイス2~オムレツ
エミレーツ機内食 ドバイ→成田3

朝食は和食か洋食か選ぶことができました。

エミレーツはサービスもよく快適でした!
何よりエンターテイメントのプログラムが豊富で、
機内であまり寝ない私にはぴったりかも~

モロッコ旅行記はこれで終わりです。
長い間お付き合いありがとうございます!


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/01(木) 21:07:39|
  2. モロッコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カサブランカのホテル Le Royal Mansour Méridien

モロッコから帰国する前日は、カサブランカ
Le Royal Mansour Méridien に宿泊しました

部屋はモダンで快適。
Le Royal Mansour Méridien1

バスルーム。タイルがモロッコ風です。
Le Royal Mansour Méridien2

入り口から見ると部屋とバスルームはこんな位置になってます。
Le Royal Mansour Méridien3

お部屋からの眺めはあんまりですね・・・。
Le Royal Mansour Méridien4

廊下はエキゾチック!
Le Royal Mansour Méridien5

Le Royal Mansour Méridien6

ホテルの最上階に行くと、こんなスペースがあります。
Le Royal Mansour Méridien8

ここからモスクが見えます
Le Royal Mansour Méridien7

ホテルの近くを散歩してみると、ちょっと古い感じの街がありました。
Le Royal Mansour Méridien9

お土産や食料を買いに、スーパーも行ってみました。
Le Royal Mansour Méridien10

これほしい!というようなものはほとんどありませんでしたが、
お土産にデーツを買いました。
ラマダン中なので、お酒が売っていないのがとっても残念でした

ホテルに帰ってパンとスーパーで買ってきたヨーグルト、ブドウで
簡単に夕飯を済ませました。
(旦那がまだお腹の調子も悪かったのです・・・。)

Le Royal Mansour Méridien11

ヨーグルトはピスタチオ味!
珍しいので買いました。
まったりした濃厚な味。日本にもあったらいいのに~。

ホテルの最上にモスクの夜景を見に行きます。
Le Royal Mansour Méridien12

ちょっとロマンチックなカサブランカの夜、という感じですね。

ホテルのバーにコーヒーを飲みに行きました。
Le Royal Mansour Méridien13

いい雰囲気でした

横はレストランになっていて、ラマダンブレックファースト
(ラマダン中、日が沈んでから食べる食事)を楽しむ人たちで
賑わっていました。

こうしてモロッコ最終日の夜は更けていきました~。


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/10/29(月) 21:22:42|
  2. モロッコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イメージとは違う!カサブランカ

モロッコ7日目、マラケシュからカサブランカ
列車で移動してきました

駅からホテルまでは徒歩で15分かかりそうですが、
街を見ながらゆっくり歩いてみようか~ということに。
観光する予定もなかったので。

駅を出ると、トラムの路線の工事をしているようでした。
トラムを通す予定があるのでしょうか。

カサブランカ駅からホテルへ1

でも昔から使われていたような感じもするんですよね・・・。

カサブランカ駅からホテルへ2

ちょっとした建物も出てきました。

カサブランカ駅からホテルへ3

役所関係でしょうか。

カサブランカ駅からホテルへ4

たまにお店があって、野菜を店先に出していたりします。

カサブランカ駅からホテルへ5

道路沿いにはやしの木が植わっています。

カサブランカ駅からホテルへ6

道路や建物がきれいでないせいか、やしの木が植わっていても
あまり素敵な感じはしません

建物はちょっと都会という感じもしますが・・・。

カサブランカ駅からホテルへ7

古い建物もあります。

カサブランカ駅からホテルへ8

レトロ、というよりは廃屋という雰囲気が・・・

カサブランカ駅からホテルへ9

もう少しメンテされていれば素敵になるのになあ、と思いました。

カサブランカ駅からホテルへ10

トラムの路線も使われていないので寂れた街のようです。
夜は怖いかも~。

もともとはいい感じの街だったのでしょうか??

カサブランカ駅からホテルへ12

おしゃれなカフェやレストランでもあればいいのに。

カサブランカ駅からホテルへ13

ラマダン中というのも関係あるかもしれませんが、ひっそりしていました。

そろそろホテルに着きます。

カサブランカ駅からホテルへ14

駅からホテルまで歩いてきて、この街もっと見てみたいわ~と
思うことはなく、埃っぽくてあまりきれいな街じゃないなあ、
と感じました。

カサブランカと言えば、何となくロマンチックなイメージが
ありますが、実際にはきれいとは言いがたい遅れた感じの街
でした。ネームバリューがあるのにもったいない!!
何もないよ~と聞いていたので、期待はしていなかったのですが
それにしてもがっかりでした

観光する気もなかったし、街歩きを楽しみたいという気も
起きなかったので、ホテルでゆっくりすることにしました。


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/10/22(月) 21:53:43|
  2. モロッコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マラケシュからカサブランカへ列車での移動

モロッコ7日目

そろそろ旅も終盤に近づいてきました。
この日は日本への帰国に向けて、カサブランカに列車で移動します。

その前に朝食
7日目マラケシュリアド朝食1

ポーチドエッグを頼みました。
黄身が硬くて、全体的に酸っぱくて美味しくなかった

旦那は軽くフルーツとシリアル。
7日目マラケシュリアド朝食2

マラケシュ駅まではタクシーで移動。
タクシーは値段交渉しないといけないので、日本人には面倒ですね・・・。
信頼できるかどうかわからないので、旦那は荷物をトランクに入れる
ことも断っていましたが、私はそこまで考え及ばず、さっさと
トランクに入れてしまいました。
結果的には何も問題なかったのでよかったです。

旦那によると、以前、中東の国で運転手が、トランクから荷物を出さずに、
高い料金を請求してきたとか。
うーん、そこまで気をつけないといけない所もあるんですね・・・。

マラケシュ駅。
マラケシュ駅4

マラケシュ駅1

マラケシュ駅5

近代的できれいな駅です。

マラケシュ駅2

ちゃんと電光掲示板もあり、わかりやすくなっています。

マラケシュ駅3

切符を買おうとすると、コンピュータ上ではすでに一等車の席は売り切れている
ということ。空いている席があるかもしれないから、二等車の切符を買って乗り、
列車内で一等車の切符に差額を払って交換しろということ。

どんなシステム?と思いましたが、まあ乗ってみようということに。
旦那は一等車がないなら次の列車まで待つと言っていましたが、
たぶん空いている席があるよ~と私が言い張って。

なぜ二等車がダメかというと、汚いし、犯罪に遭う危険性が高いからということ。
いちいち面倒な国だわ、と思いましたね。
日本では安全に注意しなくても列車に乗れることを感謝しつつ。

この列車に乗り込みます。
マラケシュ→カサブランカ列車1

マラケシュ→カサブランカ列車2

とりあえず一等車に乗って、車掌さんが来るのを待ちます。
マラケシュ→カサブランカ列車3

6人がけのコンパートメントになっています。

マラケシュ→カサブランカ列車4

無事、車掌さんから一等車の切符を購入し、ホッとします。
これでカサブランカまで寛いで移動できます

しばし車窓の風景を楽しみます。
マラケシュ→カサブランカ列車5

マラケシュ→カサブランカ列車6

マラケシュ→カサブランカ列車7

カサブランカに近づくと建物が見えてきます。
マラケシュ→カサブランカ列車8

カサブランカ到着です

駅構内。
カサブランカ駅1

外側から見た駅。
カサブランカ駅2

マラケシュからカサブランカまで約3時間の列車の旅、
快適に過ごせました


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/10/17(水) 21:05:07|
  2. モロッコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

海岸の街、エッサウィラでランチ モロッコ

モロッコ6日目、マラケシュからエッサウィラへ日帰り

街をブラブラした後、お楽しみのランチです

洒落たオープンエアのレストランをチョイス。
エッサウィラランチ1

モロッコの観光客は欧米人がほとんどでこのレストランも欧米人ばかり。
フランス植民地だったため、フランス語が日常的に使われていますが、
このレストランで働いているお姉さんもフランス語をとても流暢に
話していて、雰囲気もフランス帰りのようでした。

温かいミントティーを注文。
エッサウィラランチ3

炭酸飲料はシュウェップスをチョイス。
エッサウィラランチ4

ネコちゃんもくつろいでいるわ~と思っていたら・・・
エッサウィラランチ2

客の残り物を狙っていたんですね
エッサウィラランチ6

メインの前にスープがサービスで振舞われます。
エッサウィラランチ5

人参のスープだったと思います(自信なし)。

メインは魚のグリル
エッサウィラランチ7

海岸の街に来たからには魚ですよね。
白身魚をハーブソルトでグリルしただけのシンプルな味。
こうやって食べるのが、素材のよさが引き立ち一番だわ~と思います。

もう一品は私の大好きなサラダ
エッサウィラランチ8

新鮮なお野菜がたっぷり食べられて嬉しい!!
トマト、レタス、人参、ピーマン、茄子、ビーツ、オリーブなど
種類が多いです。

周りの欧米人達のように、私たちも時間をかけてゆっくり
ランチを楽しみました。

ランチの後はまた街をちょっとブラブラして・・・
エッサウィラ散歩1

エッサウィラ散歩2

運転手さんとの約束の時間になり、帰路につきました。

またまたトラブル!!
マラケシュに近いところで旦那がお腹が痛い!と言い出しました。
この日はガソリンスタンドなどもお休みのところがほとんどで
途中、お手洗いが見つかりませんでした。
冷や汗ものでしたが、何とかホテルまで我慢できたようです

この旅行中、旦那はずーっとお腹の調子が悪かったんですよね・・・。
私は何の問題もなかったので、食中毒ということはないと思いますが、
水が合わないとはこのことでしょうか~。

夕飯はリアドでパンだけで済ましておきました。
マラケシュリアドでの夕食


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/10/13(土) 10:01:29|
  2. モロッコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ