FC2ブログ

☆東京国立博物館で涼をとる☆

毎日暑いですね~

暑いけどお出かけもしたいなあ、と思い、東京国立博物館へ行ってきました

以前から取り組んでいる陶芸と、つい最近始めた植物画のインスピレーションも
何か得られるかもね!って思って。

現在、台北国立故宮博物院の名品を集めた特別展を開催中ですが、
現地で見たことがあるのでそちらには行かず、通常の展示を見ることに
しました。

本館
東京国立博物館1

本館は日本美術の宝庫。
半年程前にも来てわりとじっくり見たのでこちらは後にして
この日のお目当ての東洋館へ。

東京国立博物館2

「テーマは旅!」というキャッチフレーズを掲げて、東洋美術を紹介しています。

1階は中国の仏像。

東京国立博物館3

素敵です!胸がキュンとなりますね

東京国立博物館4

唐時代の石仏が柔和で優雅な感じでいいな~と思いました。
日本の白鳳文化に影響を与えたのがわかります。

石仏のいくつかが、細川護立氏寄贈ってなっていて、家に帰って調べたら
細川護熙氏の祖父なんですね。芸術を保護していたそうです。
護熙氏が芸術家なのも家系の影響があるのでしょうか~。

いろいろと興味深く見て、5階の朝鮮の陶器へ。

この2つ、陶芸作品の参考にさせてもらおうと思いました

東京国立博物館6

東京国立博物館7

階段の踊り場には休憩スペースがあって、モンゴルの占い体験ができるように
なっていました。羊のくるぶしの骨を使った占い。

東京国立博物館5

ボランティアの方が説明してくれます。
4つの骨をサイコロのように転がして、上にきた形(4面それぞれ形が違う)の
組み合わせで占うのです。

結果は・・・
「仕事で成功する。健康も問題なし。」
現状とあまりにかけ離れている気がしますが、まあ明るい
未来が待っているんだろうと前向きに考えておきましょう。

さて、本館にも行ってきました。

定期的に展示物が入れ替わるので、以前とは違うものがたくさん!

私の一番のお気に入りコーナーは仏像です
(日本美術の中でもやっぱり仏像がいいと思う。)

今は鎌倉時代の仏像を展示していました。

愛染明王
東京国立博物館8

菩薩像
東京国立博物館9

こういう優雅で柔らかい動きがある像、大好きです。

文殊菩薩と侍者
東京国立博物館10

閉館まで時間があまりなかったので、他は見たいところだけ見ました。
ここは押さえておかなくては!というのは、2階の「国宝室」です。
所蔵の国宝を1ヶ月ほど交代で見せてくれます。

この日は、「納涼図屏風」

東京国立博物館11

昔、教科書で見て印象が深かったし、その後も美術書などでよく見る作品。
見られて嬉しかった
これ、屏風なんですね。これまで写真で見たときは意識していませんでしたが、
本物を見ると屏風全体の中での構図のよさがわかります。
どうしてこれが「国宝」なのかは正直よくわかりませんが、素敵な絵でした!

浮世絵では、葛飾北斎の「百合」が印象に残りました。

東京国立博物館12

影のつけ方なんかがいいんですよね~。
私も美しい絵が描けるようになりたいです!!

東京国立博物館、行くとワクワクしますね
展示物のバラエティも豊富なので、ほとんどの方が何か面白いと思うものを
発見できるのではないでしょうか。
(例えば外国人の方は、鎧や刀を興味深そうに見ていました。)

暑い日のいい過ごし方ができました。


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/01(金) 12:11:45|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<王子神社の伝統行事、田楽舞♪ | ホーム | 丸の内ブリックスクエアでの昼下がり♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inatabi.blog.fc2.com/tb.php/163-9794a7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)